/

改正健保法が成立 参院本会議

健康保険関連法改正案は12日午前の参院本会議で、与党などの賛成多数で可決、成立した。中小企業の従業員らが加入する協会けんぽ(旧・政府管掌健康保険)の保険料上昇を抑える狙い。75歳以上の後期高齢者の医療費を支えるため、現役世代の医療保険が拠出している支援金の算定方法を変更。1人あたりの定額方式から年収比例方式に移行する。

加入者の平均年収の低い協会けんぽにとっては負担軽減だが、大企業のサラリーマンが加入する健康保険組合などの負担は増える。市町村が運営する国民健康保険(国保)の保険料軽減のため、国などによる低所得者を抱える市町村への財政支援措置を4年間延長することも盛り込んだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン