/

農林水産物・食品の輸出、過去最高の5506億円に

2013年の農林水産物・食品の輸出額が前年比22.4%増の5506億円となり、統計を取り始めた1955年以降で最高となった。東日本大震災の原発事故に伴う風評被害で輸出は一時落ち込んだが、13年は世界的な和食ブームや円安を追い風に伸びた。一方で、輸入額は輸出額の約16倍と輸入超過が続いている。国産品の価格競争力の強化が欠かせない。

農林水産省が12日に発表した。林芳正農相は同日の閣議後の記者会見で「政府は2020年まで輸出額を1兆円にする目標を立てている。日本食文化の普及や輸出環境の整備をしていきたい」と語った。

輸出の品目別でみると、農産物が17%増の3137億円だった。和食の人気を受けて、日本酒、ビールなどのアルコール飲料や、しょうゆなど調味料が好調だった。リンゴの輸出額も72億円と前年比2倍以上増えた。主食米は4割増だが、10億円とまだ少ない。

水産物は30.5%増の2217億円だった。ホタテ貝やサケ・マス、サバが伸びた。農林水産物の主な輸出先は香港、米国、台湾の順番に金額が多かった。

一方で輸入額は前年比12.9%増の8兆9424億円だった。トウモロコシや果物、牛肉などの伸びが目立った。

環太平洋経済連携協定(TPP)を巡る交渉がまとまれば、外国産の安い農林水産物が大量に入ってくる可能性がある。大規模生産による効率化やコストの削減を進める必要がありそうだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン