経団連「中選挙区制の再評価を」 改革求め提言

2013/1/15付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経団連がまとめた政治改革の提言内容がわかった。現在の政治を「万人受けする政策のみを口にする風潮がある」と批判。リーダーシップのある政治家を育てるため、かつての中選挙区制の復活も視野に選挙制度の抜本的な改革を求めた。経団連が各政党の政策を採点する「政策評価」を再開する方針も明記した。

15日に発表する。経団連が政治改革を求める提言を出すのは異例だ。

提言は原発の再稼働や社会保障費の抑制など、難しい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]