/

外相、核兵器の「非人道性」訴え 広島で非保有国会合

NPDIの全体会合であいさつする岸田外相(左から2人目)=12日午前、広島市

日本など核兵器を持たない12カ国でつくる「軍縮・不拡散イニシアチブ(NPDI)」の全体会合が12日午前、広島市内のホテルで開かれた。議長を務める岸田文雄外相は「核兵器の非人道性についての認識を世代と国境を越えて広げたい」と訴えた。午後に「核兵器なき世界」実現への努力を誓った「広島宣言」を採択し、共同記者会見で発表する。

全体会合では、核弾頭の保有量などの情報に関し、透明性の向上が重要との認識を共有。広島宣言では、核保有国に核軍縮へ向けた交渉促進などを求める見通し。会合に先立ち、各国外相らは広島市の平和記念資料館などを視察した。

NPDIが日本で開かれるのは初めて。広島での開催は唯一の被爆国として、核軍縮分野で日本の存在感をアピールする狙いがある。日本のほか、オーストラリア、メキシコ、オランダ、ドイツ、カナダ、トルコなどが参加した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン