首相、TPP交渉参加を表明 「各国と協議に入る」

2011/11/11付
保存
共有
印刷
その他

野田佳彦首相は11日、首相官邸で記者会見を開き、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉に参加する方針を表明した。12日から参加するアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の場で「TPP交渉参加に向けて関係国との協議に入ることにした」と述べた。

アジア太平洋地域の成長力を取り入れる」 TPP交渉参加を正式表明する野田首相(11日)

アジア太平洋地域の成長力を取り入れる」 TPP交渉参加を正式表明する野田首相(11日)

首相は、交渉参加を決断した背景について「貿易国として今日までの繁栄を築きあげてきた現在の豊かさを次世代に引き継ぎ、活力ある社会を発展させていくには、アジア太平洋地域の成長力を取り入れていかなければならない」と強調した。各国との協議を始めるにあたっては「各国が我が国に求めることについて情報収集しながら、あくまで国益の視点に立ってTPPへの結論を得ていきたい」と語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]