後発薬使わないと診療報酬減点 諮問会議で提言
民間議員案

2013/11/12付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府の経済財政諮問会議(議長・安倍晋三首相)の民間議員が、社会保障効率化に向けた提言をまとめた。特許切れの新薬と同じ有効成分でつくる安価な後発医薬品の利用に消極的な病院は診療報酬を減らすなど不利になる措置を設けるよう促す。新薬の薬価は同種の後発薬が出た時点で価格差を縮め、医療費を抑制することも提起する。

15日の諮問会議で伊藤元重東大教授ら民間議員が示す。後発薬の数量シェアは3月末で約25%で、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]