/

この記事は会員限定です

公共工事入札、女性登用を条件に 国交省がモデル事業

[有料会員限定]

国土交通省は建設業で女性の活用を促すモデル事業を始める。女性技術者の現場への配置を入札の条件とする国発注の公共工事を、今夏に全国10カ所以上で実施する。女性就業者を増やす道筋をつけ、建設業の人手不足の解消につなげる。

国の出先機関である地方整備局や北海道開発局、沖縄総合事務局が手がける公共工事で、女性登用のモデル事業を実施する。第1弾として東北地方整備局が山形県東根市の橋の工事で入札説明書の交付を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り633文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン