2017年11月20日(月)

小沢新党、党名「国民の生活が第一」 49人で旗揚げ
反増税・脱原発鮮明に

2012/7/11 21:06
保存
共有
印刷
その他

 消費増税関連法案の衆院採決で反対し、民主党を除籍(除名)された小沢一郎元代表らは11日、都内の憲政記念館で結党大会を開き、新党を旗揚げした。増税法案に反対した衆院議員37人と、離党した参院議員12人の計49人で発足。党名は元代表が民主党時代に掲げた「国民の生活が第一」とし、小沢元代表が代表に就いた。反増税・脱原発の主張を鮮明にしており、野田佳彦首相の政権運営は厳しさを増す。

新党「国民の生活が第一」が旗揚げ。小沢代表は鳩山元首相らと連携する考えを示した(11日)

新党「国民の生活が第一」が旗揚げ。小沢代表は鳩山元首相らと連携する考えを示した(11日)

 小沢代表は大会で「自民、公明両党と3党合意という野合を結び、国民との約束をすべてほごにした」と首相を批判。「増税法案を撤回させるべく行動する決意だ」と強調した。民主党が小沢代表らを処分する理由とした、法案の賛否を党議で拘束する手法を新党では取らない考えも示した。「『脱原発』の方向性を鮮明にしていきたい」とも語った。

 大会では自立と共生を理念とし国民、地域、国家の3つの主権確立を目標とする党綱領を承認。小沢代表が選挙対策委員長を兼ね、幹事長に東祥三氏が就くなどの幹部人事も正式に決めた。

 大会後の記者会見で小沢代表は「衆院の内閣不信任決議案、参院の問責決議案は国会運営の1つの手段」と指摘。新党としてまず参院審議で増税法案の反対を呼びかけていく意向を示したうえで「どうしてもかなわない状況になってから色々なことを考える」と提出に含みを持たせた。

 消費増税法案の衆院採決で造反した鳩山由紀夫元首相らと引き続き連携していく考えも示した。「鳩山氏をはじめ民主党内に残っている方々も、考え方は同じ方向性だ」と語った。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

小沢一郎野田佳彦脱原発鳩山由紀夫




[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報