/

原子力規制委、大飯原発3・4号機を15日に視察

原子力規制委員会は、国内で唯一稼働している関西電力の大飯原子力発電所(福井県)3、4号機が7月施行の新規制基準に適合しているかどうかを確認するため、15日に大飯原発を視察する。

規制委の更田豊志委員と原子力規制庁の職員ら約20人で現地を訪れる。事故時の指令拠点となる「緊急時対策所」に十分な広さがあるかどうかや、過酷事故対策として配備した設備が実際に使えるかどうかを確認する。

再稼働を目指す原発に厳しい災害対策などを求めた新規制基準が7月に施行される。稼働中の大飯原発は9月の定期検査入りまで新基準が適用されないが、規制委は当面の運転継続を認めるにあたって新基準に基づく事前確認を進めている。今回の視察結果も踏まえ、6月中に最終判断する。

また関西電力は同日、大飯原発3、4号機で事故が発生した場合の緊急時対策所としては1、2号機の会議室を使用する方針を表明した。従来は3、4号機の会議室を使うとしていた。規制委から3、4号機で事故が発生したら使えなくなるという指摘が出たため、方針を改めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン