サルサ教室は風俗店? 娯楽に逆風、時代遅れ
競争力そぐ足かせ(3)

2014/7/16 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

6月9日午後7時半、東京・六本木のダイニングバー「パライソ」。ほぼ毎日開くサルサダンス教室に勤め帰りの人々が集まってきた。「右足を前に」。講師のミナ・マルティナさんの掛け声で、男女のペアがラテン音楽に合わせてゆっくり踊り出す。30~50代で、男女比は半々だ。

■講師の監視必要

実は、このお店は風俗営業法上の許可が必要な「風俗店」だ。ワルツなど講師に国の資格制度があるダンス教室は風営法上の許可がいら…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。


規制 岩盤を崩す バックナンバー

関連キーワード

電子版トップ



[PR]