/

この記事は会員限定です

規制 岩盤を崩す サルサ教室は風俗店? 娯楽に逆風、時代遅れ

競争力そぐ足かせ(3)

[有料会員限定]

6月9日午後7時半、東京・六本木のダイニングバー「パライソ」。ほぼ毎日開くサルサダンス教室に勤め帰りの人々が集まってきた。「右足を前に」。講師のミナ・マルティナさんの掛け声で、男女のペアがラテン音楽に合わせてゆっくり踊り出す。30~50代で、男女比は半々だ。

講師の監視必要

実は、このお店は風俗営業法上の許可が必要な「風俗店」だ。ワルツなど講師に国の資格制度があるダンス教室は風営法上の許可がいらない。サルサは講師...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1091文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン