/

経産省総合資源エネ調、「脱原発」「維持」論点示す

経済産業省は11日、総合資源エネルギー調査会基本問題委員会を開き、「脱原発」と「原発維持」のそれぞれの選択肢について論点整理案を提示した。しかし、「原発の維持は調査会の趣旨に反する」(阿南久・全国消費者団体連絡会事務局長)などと、前回会合に引き続き、原発維持の論点案に異論が相次いだ。

経産省はこの日の会合で将来のエネルギー政策における原発の位置付けについて、「地震や津波のリスクを踏まえ、原発を早期にゼロ」とした脱原発に向けた案と、「安全基準や規制体制を見直し原子力安全技術の確立を図る」とした原発維持の2つの論点案を提示。

案はこれまでの委員会での議論を踏まえたものだが、「原発の安全性とは何か、具体的な方策が示されていない」(高橋洋・富士通総研主任研究員)などと批判の声が出たため、この日も意見はまとまらなかった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン