首相「世界一でなきゃ…」 先端技術の重視を強調
スパコン「京」など視察

2013/1/11付
保存
共有
印刷
その他

iPS細胞の研究施設を視察に訪れた安倍首相(手前)。奥左は山中伸弥京都大教授、同中央は野依良治理研理事長(11日、神戸市の理化学研究所)=代表撮影

iPS細胞の研究施設を視察に訪れた安倍首相(手前)。奥左は山中伸弥京都大教授、同中央は野依良治理研理事長(11日、神戸市の理化学研究所)=代表撮影

安倍晋三首相は11日、神戸市の理化学研究所を訪れ、iPS細胞の研究施設やスーパーコンピューター「京」などを視察した。首相の強い希望で実現し、成長戦略の柱の一つに据える先端技術の開発を重視する姿勢をアピールする狙いがある。

首相はiPS細胞の開発でノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥京都大教授らとも懇談。首相がiPSなどの再生医療研究に今後10年間で約1100億円を支援する考えを伝えると、山中教授は「非常に大きな支援を頂いた。貴重な国税を1円も無駄にすることなく、さらに力を合わせてまい進したい」と応じた。

首相は視察後、記者団に「経済再生に向けた成長戦略の柱はイノベーションだ。やはり世界一を目指さなければダメだ」と強調。総合科学技術会議を復活させるほか、中小・零細企業による試作品開発などに計1千億円を支援する補助金を設ける考えも示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]