/

この記事は会員限定です

原発防災計画、広域避難の策定難航 自治体間の調整進まず

[有料会員限定]

原子力発電所の事故に備えて自治体が作る地域防災計画で、複数の府県にまたがる広域避難の策定作業が難航している。避難経路や避難先の調整に時間がかかり、法律で定めた期限の3月に間に合わない公算が大きくなった。原子力規制庁は関連自治体間の調整を進め、早期の完成を目指す。

防災計画は原発の立地・周辺自治体が作る。原子力規制委員会が原発事故時の避難区域をこれまでの半径8~10キロ圏から30キロ圏に広げるため...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り290文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン