/

「JA全中・全農、改革の対象」 農相が言明

林芳正農相は11日の閣議後の記者会見で、6月にまとめる農協改革案について「全国農業協同組合中央会(JA全中)、全国農業協同組合連合会(JA全農)がどうあるべきかは論点の一つだ」と言明した。JAグループの代表格であるJA全中と、農家に代わって農産物を販売するJA全農を、改革対象にする方針を明確にしたものだ。

農相は改革案の目的を「農協が自らの創意工夫で販売事業などに積極的に取り組むため」と説明した。JA全中は約700ある地域農協を経営指導する権限を持つが、画一的な指導で、各農協が地域の実情に応じたサービスを展開しにくくしているとの指摘がある。JA全中による各農協への監査も「身内同士のなれ合い」との見方がある。

政府は2015年に農協法を抜本改正する方針で、JA全中の指導と監査の権限規定を廃止し、各農協が自由に経営できるよう、影響力を緩める方向で検討を進めている。公認会計士による監査導入も浮上している。

農産物販売に加え、肥料や農機具を農家に売っているJA全農は株式会社化を検討。農家から「JA全農を通じて肥料などを買うと、近所のホームセンターよりも割高」との声が出ていることから、経営効率を高める改革で農家に使い勝手のよい組織にしたい考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン