政府、フィリピンに援助隊医療チーム25人派遣

2013/11/11付
保存
共有
印刷
その他

菅義偉官房長官は11日午前の記者会見で、台風30号によるフィリピンの深刻な被害を踏まえ、日本政府として同日午後に25人の専門家で構成する国際緊急援助隊の医療チームを現地に派遣すると発表した。菅長官は日本人の被害に関して「現時点で把握できている限り、邦人被害の情報には接していない」と言明した。

一方で「レイテ島を含む被災地域の多くは依然、電話がつながりにくい状況が続いている。(連絡が)とれていない方もいるので現地大使館が情報収集に努めている」とも語った。

安倍晋三首相は10日、フィリピンのアキノ大統領にメッセージを伝達。お悔やみとお見舞いの意を表し、必要な支援を実施する用意があることを伝えた。

政府は10日、具体的な支援のニーズを把握するため、外務省と国際協力機構(JICA)の職員2人による調査チームを派遣している。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]