/

この記事は会員限定です

農業法人に「カイゼン」導入 農水省と経団連、TPP視野に

[有料会員限定]

農林水産省は来年度から経団連と連携して農業の生産効率を高める「カイゼン活動」を農業生産法人に取り入れる。環太平洋経済連携協定(TPP)交渉も視野に、合理化で先行する企業の経験を農業現場に取り入れて生産性の向上につなげる狙いだ。

農水省はカイゼン活動を取り入れたい農業生産法人を来年度に募集する。一方で経団連を通じ農業参入に意欲を持つ自動車メーカ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り171文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン