/

首相、与野党協議へ協力要請 社会保障・税の一体改革

政府・与党幹部と有識者で構成する社会保障と税の一体改革に関する集中検討会議(議長・菅直人首相)は11日午前、首相官邸で会合を開いた。首相は「与野党を超えた問題だ。国民的な議論を行う努力をお願いしたい」と述べ、与野党協議の実現に協力を求めた。

会合では与謝野馨経済財政担当相が1日の閣議に報告した一体改革案を巡って議論した。同案は消費税増税に異論がある与党に配慮。増税時期について「2010年代半ばまでに段階的に10%まで引き上げる」と修正することで政府・与党案に決まった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン