COP17「政府対応を評価」 米倉経団連会長

2011/12/11付
保存
共有
印刷
その他

経団連の米倉弘昌会長は11日閉幕した第17回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP17)の結果について、「(温暖化ガスの)すべての主要排出国が責任を持って参加する国際枠組みへの道筋ができた」と歓迎するコメントを出した。政府の対応も「京都議定書の単純延長論にくみせず、地球規模の温暖化対策の観点から積極的に交渉に関与した」と評価した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]