/

防衛相「辺野古アセス、年内提出へ作業順調」

一川保夫防衛相は11日、沖縄県の米軍普天間基地を同県名護市辺野古に移設するのに必要な環境影響評価(アセスメント)の評価書を、年内に沖縄県側に提出する作業は着々と進んでいると強調した。記者団に「年内提出できる作業が遅れないように準備させてもらう。作業そのものは順調だ」と述べた。

防衛相は9日に参院で問責決議を受けた。「評価書を一川防衛相の下で提出する考えに変わりはないか」と記者団に問われ、「私だけの最終的な判断で今後の手続きが進むというものではない」と指摘。「沖縄関係閣僚会議や沖縄県知事、県民の動きを総合的に判断して適切に手続きを進める」とも語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン