2019年1月17日(木)
速報 > 人事 > 記事

(新社長)総務次官に小笠原氏発表

2012/9/11付
保存
共有
印刷
その他

川端達夫総務相は11日、退任する岡本保事務次官の後任に旧郵政省出身の小笠原倫明総務審議官が昇格する人事を正式に発表した。旧郵政省出身者が次官に就任するのは2010年1月以来。久保信保消防庁長官も退任し、後任に岡崎浩巳自治税務局長を充てた。総務審議官には田中順一人事・恩給局長、大石利雄総括審議官、田中栄一情報流通行政局長が就任した。発令は同日付。

吉良裕臣官房長は総合通信基盤局長に就き、後任に門山泰明地域力創造審議官を充てた。人事・恩給局長には笹島誉行官房審議官、自治財政局長には佐藤文俊政策統括官がそれぞれ就任した。自治大学校長には滝本純生地域活性化センター事務局長が就いた。

田中 順一氏(たなか・じゅんいち=総務審議官)76年(昭51年)鹿児島大法文卒、旧行政管理庁へ。行政評価局長、11年人事・恩給局長。鳥取県出身、60歳。

大石 利雄氏(おおいし・としお=総務審議官)76年(昭51年)東大法卒、旧自治省へ。官房長、10年総括審議官。千葉県出身、59歳。

田中 栄一氏(たなか・えいいち=総務審議官)78年(昭53年)東大経卒、旧郵政省へ。官房長、10年情報流通行政局長。大阪府出身、58歳。

岡崎 浩巳氏(おかざき・ひろみ=消防庁長官)76年(昭51年)東大法卒、旧自治省へ。総括審議官、09年自治税務局長。群馬県出身、59歳。

門山 泰明氏(かどやま・やすあき=官房長)77年(昭52年)東大法卒、旧自治省へ。自治大学校長、10年地域力創造審議官。北海道出身、59歳。

田口 尚文氏(たぐち・なおふみ=総括審議官)79年(昭54年)東大法卒、旧自治省へ。官房審議官、09年選挙部長。岐阜県出身、55歳。

福岡 徹氏(ふくおか・とおる=総括審議官)80年(昭55年)東大法卒、旧郵政省へ。電気通信事業部長、10年郵政行政部長。京都府出身、56歳。

武居 丈二氏(たけい・たけじ=地域力創造審議官)80年(昭55年)東大工卒、旧自治省へ。消防庁国民保護・防災部長、10年地方公共団体金融機構理事。長野県出身、56歳。

笹島 誉行氏(ささじま・たかゆき=人事・恩給局長)80年(昭55年)東大理卒、旧総理府へ。人事・恩給局次長、09年官房審議官。茨城県出身、55歳。

宮島 守男氏(みやじま・もりお=行政評価局長)79年(昭54年)早大政経卒、旧行政管理庁へ。官房審議官、11年関東管区行政評価局長。新潟県出身、58歳。

望月 達史氏(もちづき・たつし=自治行政局長)79年(昭54年)東大法卒、旧自治省へ。官房審議官、10年地域主権戦略室次長。山梨県出身、56歳。

佐藤 文俊氏(さとう・ふみとし=自治財政局長)79年(昭54年)東大法卒、旧自治省へ。内閣審議官、11年総務省政策統括官。福島県出身、55歳。

株丹 達也氏(かぶたん・たつや=自治税務局長)78年(昭53年)東大法卒、旧自治省へ。消防庁次長、11年自治大学校長。福岡県出身、56歳。

桜井 俊氏(さくらい・しゅん=情報通信国際戦略局長)77年(昭52年)東大法卒、旧郵政省へ。総括審議官、08年総合通信基盤局長。群馬県出身、58歳。

吉崎 正弘氏(よしざき・まさひろ=情報流通行政局長)79年(昭54年)東大法卒、旧郵政省へ。関東総合通信局長、11年総括審議官。富山県出身、59歳。

吉良 裕臣氏(きら・ひろおみ=総合通信基盤局長)78年(昭53年)東大法卒、旧郵政省へ。郵政行政部長、10年官房長。大分県出身、57歳。

須江 雅彦氏(すえ・まさひこ=統計局長)79年(昭54年)中大法卒、旧総理府へ。官房審議官、11年統計調査部長。岡山県出身、56歳。

阪本 泰男氏(さかもと・やすお=政策統括官)80年(昭55年)東大農卒、旧郵政省へ。内閣審議官、11年総務省官房審議官。愛媛県出身、57歳。

平山 真氏(ひらやま・まこと=政策統括官)79年(昭54年)東大法卒、旧総理府へ。官民人材交流センター審議官、10年人事・恩給局次長。山形県出身、58歳。

滝本 純生氏(たきもと・すみお=自治大学校長)79年(昭54年)東大法卒、旧自治省へ。官房審議官、11年地域活性化センター事務局長。和歌山県出身、57歳。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報