/

この記事は会員限定です

野田外交、北方領土・尖閣に続く失点

対抗措置に限界 韓国大統領の竹島訪問

[有料会員限定]

消費増税関連法が成立した日に、韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領が日本の制止を振り切って竹島を訪問した。内政最大の懸案に「政治生命をかける」一方で、外交で後手に回ってきた野田佳彦首相の政権運営を象徴する事態だ。政府による対抗措置は限られている。北方領土や尖閣諸島をめぐる問題に続き与野党内で野田政権の外交政策への批判が高まりそうだ。

日韓の外交当局にとって、双方が領有権を主張する竹島への大統領訪問...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り612文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン