/

この記事は会員限定です

民主代表選、菅氏優位の見方 党員・サポーター票

国会議員票は互角

[有料会員限定]

14日投開票の民主党代表選に向け、日本経済新聞社が取材を基に終盤情勢を調査したところ、投票権を持つ国会議員411人のうち菅直人首相と小沢一郎前幹事長がそれぞれ190人程度の支持を固め、互角の戦いを展開している。一方、11日に郵送を締め切る地方議員と党員・サポーター票は、菅氏が優位な情勢との見方が同党内に広がってきた。

党代表選は国会議員822ポイント、地方議員100ポイント、党員・サポーター300...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り459文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン