首相、2次補正の提出時期「白紙」 原発事故収束まで歳費返上

2011/5/10付
保存
共有
印刷
その他

菅直人首相は10日の首相官邸での記者会見で、東日本大震災の復興事業を盛り込む2011年度第2次補正予算案を国会に提出する時期は「白紙」と述べた。東京電力福島第1原子力発電所の事故を受け「収束のメドがつくまで首相としての歳費は6月から返上する」と表明した。

首相は第2次補正予算案について、復興構想会議の議論の結果を踏まえて財政規模を検討する必要性を指摘した。「復旧を積極的に推し進めることが第一だ」とも述べた。

6月から首相としての歳費上乗せ分を全額返上する一方、国会議員の歳費を従来通り受け取る考えを示した。現在、首相は首相と議員の歳費の一部を返上して月額合計172万4000円を受け取っており、6月以降は79万4000円に減る。

海江田万里経済産業相も10日、原子力行政の責任者として閣僚給与の全額を国庫に自主返納すると表明した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]