/

東電社長、17日に柏崎市議と刈羽村議に説明 原発再稼働

柏崎刈羽原子力発電所(新潟県柏崎市、刈羽村)の6、7号機の再稼働をめぐり、東京電力の広瀬直己社長は17日に柏崎市と刈羽村を訪問する。大気中への放射性物質の放出を減らす目的で設置するフィルター付きベント(排気)設備や、原子力規制委員会の新規制基準への適合申請などについて、柏崎市議と刈羽村議に直接説明する。

17日午前に刈羽村議会を、午後に柏崎市議会をそれぞれ訪れ、全員協議会で理解を求める。5日に地元を訪問した際、会田洋・柏崎市長と品田宏夫・刈羽村長にはベント設備設置の事前了解を求める要望を伝えており、議会側の理解も得たい考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン