放射能発言「国民に不信の念抱かせた」 経産相会見
辞任を正式表明

2011/9/10付
保存
共有
印刷
その他

「国民に不信の念抱かせた」 辞任を表明する鉢呂経産相(10日夜、経産省)

「国民に不信の念抱かせた」 辞任を表明する鉢呂経産相(10日夜、経産省)

鉢呂吉雄経済産業相は10日夜、経産省内で記者会見し、福島第1原子力発電所の周辺地域を「死の町」と表現するなど自らの不適切な発言の責任を取って辞任すると正式に表明した。鉢呂氏は「野田佳彦首相にお会いし、経産相を辞任したいと申し出た。首相に受理していただいた」と述べたうえで、「私の発言で国民の皆さん、とりわけ福島県民の皆さんに多大な不信の念を抱かせ、大変申し訳ない」と陳謝した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]