/

首相、放射性廃棄物の最終処分「国が前面に」

安倍晋三首相は10日の閣議後の閣僚懇談会で、高レベル放射性廃棄物の最終処分などの問題解決に向けて「国が前面に立って取り組むべく、関係閣僚で新たな取り組み方針を検討する」よう指示した。原子力政策について幅広い視点で検討することも求めた。

高レベル放射性廃棄物は、原子力発電所から出る使用済み核燃料の再処理後に残る廃棄物。菅義偉官房長官はこの後の記者会見で、官房長官を中心とする関係閣僚会議を早期に開催すると表明。閣僚間の議論を踏まえて「エネルギー基本計画を来年1月中にも閣議決定したい」と述べた。

政府の基本計画案は、高レベル放射性廃棄物の最終処分場が一つもない問題について「国が前面に出て科学的に適地を選定する」方針を示している。菅長官は最終処分のあり方などで「できるだけ早く方向性を出すことは極めて大事だ」と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン