/

「ゆすり」発言のメア部長更迭 米国務次官補が謝罪

米大使も沖縄訪問へ

(更新)

松本剛明外相は10日午前、来日中のキャンベル米国務次官補と外務省内で会談した。キャンベル次官補は米国務省のメア日本部長が沖縄の人は「ごまかしとゆすりの名人」などと発言したとされる問題について公式に謝罪。メア氏を同日付で更迭し、デミング元駐日公使を後任に起用したことを伝えた。

「ゆすり」発言について謝罪するキャンベル次官補(10日午前、外務省)

「ゆすり」発言について謝罪するキャンベル次官補(10日午前、外務省)

キャンベル次官補はメア氏の発言とされる内容について「米国が沖縄県民にもっている感謝と友情を反映したものではない。深くおわびする」と述べた。ルース米駐日大使が沖縄を訪問し、謝罪することも伝えた。

外相は「報道が事実なら日本国民の心を傷つけるもので容認できない。遺憾だ」と抗議した。外相は会談後、記者団に「米政府が日米関係を重視して迅速かつ適切な対応をした」と述べ、米側の対応を評価した。キャンベル次官補は防衛省で会談した北沢俊美防衛相にも謝罪した。

メア氏は米オバマ政権が近くアジア外交チームの顔ぶれを一新するのに伴って交代が内定していたが、前倒しした格好だ。

枝野幸男官房長官は10日午前の記者会見で、メア氏の更迭に関して「米国政府が日米関係を重視し、今回の報道が米国政府の考え方と全く違っているという思いの表れだ」と語った。

日米両政府は10日午前、防衛省で外務・防衛当局の局長級による日米安全保障高級事務レベル協議(SSC)を開いた。5月の開催で調整している日米安保協議委員会(2プラス2)でまとめる新たな共通戦略目標や、米軍普天間基地の移設問題などについて協議したとみられる。当初、参加予定だったメア氏は欠席した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン