首相、産業競争力強め経常収支を改善

2014/3/10付
保存
共有
印刷
その他

安倍晋三首相は10日午前の参院予算委員会で、1月の経常収支が過去最大の赤字になったことに関連し「日本の産業競争力を強化し、アジアをはじめとする国際市場の成長力を取り込むことが貿易収支や経常収支の改善につながる」と述べた。「経常収支の急速な変化を回避する観点からも経済再生を進め、強い経済を実現することが重要だ」とも語った。民主党の直嶋正行氏への答弁。

菅義偉官房長官は10日午前の記者会見で、1月の経常収支赤字や、2013年10~12月期の国内総生産(GDP)の下方修正について「景気回復基調に大きな変化はない」との認識を示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]