/

この記事は会員限定です

政府、14年にもフィリピンに巡視船供与 中国をけん制

[有料会員限定]

政府は2014年初めにも政府開発援助(ODA)の円借款を活用し、フィリピンに巡視船を供与する方針だ。フィリピンは南シナ海のスカボロー礁(中国名・黄岩島)の領有権を巡って中国と対立しており、海上警察能力の向上を後押しする。東南アジア諸国連合(ASEAN)と海洋安全保障分野での協力を深め、中国をけん制する狙いがある。

フィリピン政府は昨年、装備が不足する沿岸警備隊に40メートル級の巡視船10隻を配備...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り574文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン