/

この記事は会員限定です

農地借用する企業3割増 大規模化も進む

13年末1000社超

[有料会員限定]

農政改革の進行をにらみ、企業の農業への参入が広がっている。農地を借りた企業数は2013年末に前の年から3割増え1000社を突破。先行したイオンなどの小売り大手は大規模化に着手した。ワタミは出資する農業生産法人を通じ農地を取得した。製造・運輸業界も本格展開をうかがう。ただ、企業が借りる農地面積は耕作面積(約450万ヘクタール)の1%にも満たない。農業再生につながる一層の規制緩和が必要になりそうだ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1039文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン