11年度一般会計、92兆円前後に 借金頼みの財政続く

2010/12/10付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

財務省は9日、2011年度一般会計予算の歳出規模を10年度当初予算並みの92兆円前後とする方向で調整に入った。歳入では新規国債発行額(借金)が税収を上回る異例の事態が続く。6月に決めた財政運営戦略に沿って歳出を前年度並みに抑えることで基礎的財政収支の赤字は小幅縮小が見込まれるものの、借金頼みの財政構造は変わらない。

関係閣僚は9日の閣僚委員会で予算編成の基本方針の骨子案を了承。内閣府は予算編成の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]