/

この記事は会員限定です

原発の老朽化対策、公開で審査 規制委、13年末にも

[有料会員限定]

原子力規制委員会は、運転開始から30年を超える原子力発電所の老朽化対策を原則公開で審査する。透明性を確保するねらい。原発機器の劣化状態の評価や、保守計画の提出を求める。運転再開をめざしている原発が公開審査の対象で、再稼働に向けた安全審査とは切り離して実施する。早ければ今年末から来年初めにも最初の審査に着手する。

運転30年超の原発は、10年ごとに老朽化対策のための保守計画を申請して規制委の認可を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り375文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン