/

鳩山氏が「ペテン師」発言陳謝 グループの会合で

「一時冷静さを欠いた」

民主党の鳩山由紀夫前首相は9日、自らのグループの会合で、菅直人首相を「ペテン師」と批判したことについて「私も一時冷静さを欠いた時があり、大変ご無礼をした。皆様におわび申し上げたい」と陳謝した。「今一番大事なのは党をしっかりまとめきることだ」とも強調。そのために「求められているのは冷静な心だ」と指摘した。

鳩山氏は今月3日、退陣の意向を表明した首相が来年1月ごろまでの続投に意欲を示したのを受け「政治家同士だから約束したことを守るのは当たり前だ。できないならペテン師だ」と発言していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン