/

竹島放棄の宣言文、首相支持派の民主・土肥氏が署名

民主党の土肥隆一衆院議員が2月下旬に韓国を訪れ、日本と韓国の双方が領有権を主張している竹島(韓国名・独島)に関して「日本側は竹島の領有権の主張を直ちに撤回すべきだ」とする共同宣言文に署名していたことが9日、分かった。土肥氏は日本経済新聞の取材に事実関係を認めたうえで、10日に記者会見し釈明する考えを示した。

竹島放棄の宣言文に署名した土肥衆院議員に対し菅首相が不快感表明(テレビ東京)

竹島放棄の宣言文に署名した土肥衆院議員に対し菅首相が不快感表明(テレビ東京)

菅直人首相は9日、首相官邸で記者団に「大変遺憾だ。竹島は日本の固有の領土で、その立場は変わらない」と不快感を表明。「しかるべき立場で対応することが必要だ」と述べた。土肥氏は首相支持派の菅グループ顧問。

土肥氏によると「日韓キリスト教議員連盟」の日本側会長として2月27日に日帰りで訪韓。韓国の「3.1独立運動」の一環で同議連の共同記者会見に出席し、竹島に関する韓国側の主張を認める共同宣言文に署名した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン