/

スマホ向け放送、5社参入 総務省がフジなど認可へ

総務省は9日、スマートフォン(スマホ)で視聴する放送サービスにフジテレビジョンなど5社の参入を認める方針を固めた。これまでNTTドコモ系の放送会社1社がサービスを提供してきたが、参入会社を増やしてコンテンツを充実させる。各社は2015年4月に放送を始める計画で、スマホでの動画視聴がさらに広がりそうだ。

総務相の諮問機関である電波監理審議会が同日、5社に放送用の周波数を割り当てることを認めた。総務省は4月中に周波数を割り当てる。

参入するのはフジテレビのほか、スカパー・エンターテイメントやアニメ専門のアニマックスブロードキャスト・ジャパンなど。いずれも衛星放送を手がけており、スマホ向けにも衛星放送と同様のスポーツやドラマ、アニメ、バラエティーなどの有料番組を流す。

スマホ向けでは地上波放送を無料で見られるワンセグ放送などもあるが、付加価値の高い豊富な番組を視聴できるサービスは限られていた。

ドコモ系の放送会社が12年にサービスを始めたが、周波数にまだ空きがあるため総務省が参入会社を募っていた。今回は申請のあった5社すべての参入を認めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン