2019年1月23日(水)

特許へ異議申し立てやすく 新制度、迅速な書面手続き

2013/8/10付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

特許庁は、成立した特許に対して類似技術をもつ同業他社が異議を申し立てやすくする新制度をつくる。書面での手続きだけで審理し、異議が認められれば、すでに成立した特許を無効にできる。来年の通常国会にこの規定を盛り込んだ特許法改正案を提出、2015年の導入をめざす。

導入するのは「付与後レビュー」という制度。特許成立が公表されてから半年以内に限り、その内容に不服のある第三者が、特許庁に取り消しなどを求め…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報