/

この記事は会員限定です

都知事選、「原発争点」に自民警戒 小泉氏カギに

民主は「細川氏が最有力候補」

[有料会員限定]

東京都知事選(23日告示、2月9日投開票)の有力候補に細川護熙元首相が急浮上し、各党に波紋を広げた。細川氏は「脱原発」を唱え、考えが近い小泉純一郎元首相の支援が得られるかどうかを見極めて最終判断する構えだ。自民党は舛添要一元厚生労働相への支援方針を固めたが、原発政策の争点化や小泉氏の動きを警戒している。候補者擁立を巡る駆け引きが激しくなってきた。

細川氏は9日、周囲に知事選出馬について「条件が整...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り849文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン