/

この記事は会員限定です

観光、雇用効果大きく GDPの3.5%、自動車産業に匹敵

[有料会員限定]

外国人観光客の増加によって、観光関連産業の雇用創出効果などが大きくなってきた。国内総生産(GDP)に占める観光業界の規模は3.5%と、半導体や家電を超えるとの民間試算もある。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券景気循環研究所が、鉄道や旅館・ホテル、旅行会社や遊園地などの経済規模を試算したところ、2013年度の観光産業はGDPベースで16.7兆円に達するとわかった。輸送用機械産業は16.6兆円とほ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り358文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン