/

この記事は会員限定です

外国人定着へ包括策必要 税優遇や居住環境

[有料会員限定]

経済成長を支える外国人を誘致するため、積極的な移民政策を取る国は少なくない。移民への慎重論が根強い日本でも、経営者らに限定した形での新たな永住権を設けることは受け入れ拡大に向けた一歩になる。ただ外国人の受け入れで出遅れているのは明らかなだけに、外資企業の進出を促す税制優遇策などと合わせた包括的な取り組みが欠かせない。

その一環として外国人のビジネスや居住の環境を整えようとするのが成長戦略に盛り込ん...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り311文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン