/

この記事は会員限定です

原発再稼働、過酷事故対策が条件に 規制委の安全基準案

[有料会員限定]

原子力規制委員会は来年3月までに骨格を作る安全基準案に、炉心溶融(メルトダウン)を起こした東京電力福島第1原子力発電所事故のような過酷事故(シビアアクシデント)対策を盛り込む。同7月までに正式決定する。先進国では当たり前の安全対策を既存の原発にも義務付け、対応できない原発は再稼働を認めない方針。

10日に開く会合で再稼働の前提となる安全基準を策定する作業に着手する。原発設計時の想定を大幅に超える...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り528文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン