/

原子力規制委、高浜原発の津波対策など現地調査へ

原子力規制委員会は9日、関西電力の高浜原子力発電所3、4号機(福井県)を17~18日に現地調査する方針を明らかにした。島崎邦彦委員長代理と審査チームの10人程度で、津波対策として関電がつくる設備の建設予定地などを確認する。

高浜原発は規制委の指摘に従って津波の高さ想定を見直した結果、敷地の一部が浸水する可能性が出ている。関電は防潮堤の建設前倒しや、取水路への防潮ゲート設置などで重要設備への被害を防ぐ計画。規制委は建設予定地を事前に調べることで、関電の計画が十分かどうかを検証する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン