/

携帯電話、音声通話時間初の減少 11年度調査

ケータイも通話からデータ通信の時代に――。総務省が9日発表した2011年度の通信利用状況調査によると、国内で携帯電話からかけた音声通話の総通信時間は22億7200万時間で、前年度を1.8%下回った。携帯電話が調査に加わった1992年度以降で初めての減少となった。

スマートフォンの急速な普及に伴い、交流サイトや電子メールなどデータ通信でのやり取りが主流になりつつある。移動通信を使った非音声のデータ通信量は前年比2倍のペースで増えている。データ通信として扱われる無料通話サービスの普及が影響している可能性もある。携帯電話からの総通話回数も0.7%減の591億7000万回で、初めて減った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン