/

景気一致指数、2カ月連続改善 3月96.5

内閣府が9日発表した3月の景気動向指数(2005年=100、速報値)によると、景気の現状を表す一致指数は96.5となり、前月比1.3ポイント上昇した。改善は2カ月連続。エコカー補助金を追い風に自動車の生産、販売が好調だったことが主因。数カ月先の景気を示す先行指数も3カ月連続で改善した。

内閣府は基調判断を「改善を示している」として前月から据え置いた。

一致指数では現時点で公表されている10指標のうち8指標が改善した。自動車の好調によって商業販売額や鉱工業生産財出荷指数がプラスに寄与。東日本大震災からの復興需要を背景に有効求人倍率や鉄骨など投資財の出荷指数も上昇した。

景気の先行きを示す先行指数は0.6ポイント上昇の96.6だった。3月の株価上昇や消費者心理の好転が寄与した。内閣府は先行きについて「4月は市場関連の指標が悪化しており、欧州など海外経済や原油価格の動向を注視する必要がある」としている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン