/

国家公務員に冬のボーナス 4.1%増、平均61万円

国家公務員への冬のボーナス(期末・勤勉手当)が9日、支給された。総務省によると管理職を除く一般行政職の平均額(平均年齢35.8歳)は約61万7100円で、前年同期から約4.1%増えた。

例年は人事院勧告に基づき支給額が調整されるが、政府は2011年度の公務員給与を平均年収で約0.23%引き下げる人勧を実施していない。平均年齢が昨年より上がったことなどから、平均支給額は昨年から上昇した。

特別職の最高額は首相と最高裁長官の約532万円だが、野田佳彦首相はボーナスを一部返納する方針だ。閣僚は約388万円、国会議員は約291万円で、中央省庁の事務次官は約301万円だった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません