自民・石破氏、大連立「脱小沢の民主なら」 可能性に言及

2010/12/9付
保存
共有
印刷
その他

自民党の石破茂政調会長は9日午前、都内で講演し、今後の政局について「もし仮に小沢一郎氏のグループ抜きの連立を菅直人首相のグループが持ちかけてきたら『脱小沢』の民主党と自民党が組むのはあり得ない話ではない」と、民主党との大連立政権の可能性に言及した。そのうえで「連立するなら、すぐに選挙をして国民の信任を得ないと政権は正統性をもちえない」と語った。

石破氏は大連立する場合には消費税率引き上げや安全保障政策などの政策理念を明確にする必要があると強調した。同時に「そろそろ与党に戻りたいなあと連立を組むなら必ず痛い目に遭う。(衆院解散・総選挙までに)自民党はまともな党になり、ちゃんとした政策を確立する必要がある」とも指摘した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]