/

この記事は会員限定です

野菜栽培、大規模団地で 農水省が全国5カ所程度整備の方針

[有料会員限定]

農林水産省は来年度に野菜や果物を育てる大きなガラス温室やビニールハウスが集まった大規模な栽培施設団地を整備する方針を固めた。世界2位の農産物の輸出額があるオランダをモデルにして、生産効率の高い大規模団地を全国に5カ所程度設ける。2014年度予算の概算要求に50億円強を盛り込む考え。

オランダは首都アムステルダムの南東に約1500の農業や食品の関連企業や研究所が集まり「フードバレー」を形成している...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り664文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません