/

この記事は会員限定です

柏崎刈羽原発、審査へ 規制委、汚染水対策を評価

[有料会員限定]

原子力規制委員会は8日、東京電力が早期の再稼働を目指す柏崎刈羽原子力発電所6、7号機(新潟県)の安全審査を開始する方針を固めた。東電は9月に規制委に審査を申請したが、福島第1原発の汚染水問題をめぐる不手際が原因で本格審査入りが遅れていた。東電が同日に新たな対策を発表したことに一定の評価を示し、審査を始める環境が整ったと判断した。

規制委は来週にも定例会合で柏崎刈羽の扱いについて議論し、審査入りを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り414文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン