一体改革、民主・藤井氏と東大・吉川教授が議論
創論

(1/2ページ)
2012/2/12 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 「社会保障と税の一体改革」を目指し、政府・民主党は消費税率を2015年に10%に上げる消費増税関連法案を3月中に国会に提出する意向だ。民主党税制調査会会長の藤井裕久氏と、自民党政権で社会保障国民会議の座長を務めた吉川洋氏が改革の狙いと課題を議論した。(文中敬称略)

■藤井氏「消費税、不況の主犯でない」

――政府・与党がまとめた一体改革素案の評価は。

吉川 正しい方向への第一歩だ。今後は具体論、技術…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]