/

この記事は会員限定です

GDP、1~3月はプラス1.9%成長に 民間予測平均

[有料会員限定]

内閣府が8日発表した2011年10~12月期の実質国内総生産(GDP)改定値は速報値から上方修正され、前期比年率で0.7%減となった。景気持ち直しの動きが足踏みしたことを確認した形だが、12年1~3月期の日本経済はプラス成長に戻る見通しだ。10~12月期の改定値を踏まえ、民間10社が予測した1~3月期の実質GDPの平均は、前期比年率で1.9%増となる。

1~3月は東日本大震災からの復興需要の本格化...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り236文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン